"La Lumiere et l'Ombre"

アクセスカウンタ

zoom RSS 筋肉使わず脳みそ使った15年遅れの受験 

<<   作成日時 : 2008/03/01 08:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

画像


皆様ご無沙汰で申し訳ない。これには、米びつよりも深いワケがありまして・・・。

そのワケとは、一枚の合格通知を受け取る為に、生まれて初めて『お受験』をしたのであります。自信は持って望んだものの、正直言うと試験が終わって、『あ”〜、ダメだった・・・。多分五分五分だ・・・。』 そして、『やっぱり、脳みそを使う試験はダメなのか・・・。まして、理数系は・・・。』とも。高校受験も、大学受験も『筋肉』で乗り切って来た人間なもので・・・。

今月の23日に、"I.A.T.S.E. -Local 52 Motion Picture Studio Mechanics"(International Alliance of Theatrical Stage Employees)の試験が行われ、その勉強に追われていたのであります。 I.A.T.S.E.とは、映画技術者の労働組合で、全米の大きな都市に、その支部が置かれている。ニューヨークは、"ローカル フィフティ トゥー"、つまり"第52支部"と呼ばれる。いわゆる、ユニオンと呼ばれるもの。この52は、ライティングのクルーだけではない。グリップ(特殊機材)、クレーンオペレーター、美術、大道具、小道具、サウンド、医師などもこの組合に入っている。(カメラ、メイク、衣装等はそれぞれ別のユニオンがある)

各支部によって、組合加入の為の手続きは違う。ロサンゼルスの場合は年間(6ヶ月かも?)で30日以上ユニオンの管轄内で働き、事故防止等のセーフティ講習を12時間受講すればユニオンに加入でき、試験はない。ニューヨークの場合は、52の管轄内に18ヶ月以上住んでいる居住証明、参加作品等の履歴書の提出、そして書類審査等と結構ややこしい。

試験は、筆記と実技の両方が行われ、そのトータルではなく、それぞれ70%以上の正解を得ないと合格とならない。筆記は、主に電気工学、機材、発電機、安全対策、ちょっとした光学等が出題される。今回は受験人数が比較的少なかったが、競争率が高くなっていた。なぜか? 今月初めまで続いていた全米脚本家組合のストライキの影響で、52の管轄内での映画撮影の延期、TVドラマの打ち切りで撮影が激減してしまった。だから、こういう時期に新たにメンバーを加入してしまうと、仕事にありつけない組合メンバーが出てしまう恐れがある為に、今回は合格者を極端に減らすだろうと言われていた。実際、出題傾向、実技試験の方法も過去とは異なり、問題数は過去の試験の2倍以上で、明らかに過去の傾向と比べると難しかった。

画像

<<今朝、届いた合格通知。手に取ってから10分以上開ける事が出来なかった・・・。>>

組合に入って生活面での一番のメリットは、給料もそうだが、何より健康保険をカバーしてくれる事だろう。僕らの仕事は、いつ事後が起きても不思議ではない。数年前にも『スパイダーマン』の撮影中に事故で2人のクルーが不運にも亡くなってしまった。アメリカの場合、医療保険が日本と違いかなり高額で驚かされる。歯医者さんに行こうものなら、ちょっとした治療でも数十万円の請求書が来たりする。語学学校生のころ、歯の治療に日本に帰る人もいた。飛行機代のほうが安いのだ。幸運にも、僕は病気には全く縁がなく、丈夫な体をくれた両親に感謝、感謝だ。

仕事面での一番のメリットは、ニューヨークで行われる大きな作品、つまり、メジャースタジオの作品への参加が可能になる。そして、優秀な監督、シネマトグラファー(ライティング カメラマン/Director of Photography)、ライティング クルー、美術監督、衣装デザイナー達との仕事の機会が、ユニオンに入っていない時に比べると、断然多くなるという事。今世界中で、是非一度は一緒に仕事をやってみたいと思うシネマトグラファーが何人もいるが、ユニオンに入っていないと本当に難しい人達ばかりで、このブログでも、以前紹介させてもらったが、僕がこの世界に入るキッカケになった、日系人DPのTak Fujimotoさんとも是非一度ご一緒したい。将来、DPになりたい僕にとっては、優秀なクルーと仕事ができ、沢山勉強をさせてもらえる更によいチャンスを頂いた。

それから、今回の試験でNew Yorkに来て良かったと思った事がもう一つある。合格したから言える事かもしれないが、人種、年齢、性別、国籍を問わず新しいチャンスを公平に与えてくれたNew York、アメリカという国に素直に感謝したい。それに、試験を受けるまで、色々と勉強を手伝ってくれた友達、何より特に、約4年前にNew Yorkに来る時にお世話してくれた、Nさん、Kさん、そして、この仕事を始めた当初、技術的な事も知り合いもいない時に、色々お世話してくれたT・Aさんには、本当に感謝感謝です!

画像

<<15年遅れで届いた"脳みそ試験"の合格通知。受験生の気持ちがちょっとは理解出来たかも>>

それにしても、試験はもう沢山・・・。30歳になっても、体力には自信があるが、やっぱり脳みそを使う試験だけは、相も変わらず苦手な事が分かった・・・。落ちたと思っていた分、"筋肉試験"、"脳みそ試験"関わらず、合格すればやっぱり嬉しいものだ。両親には、人様より15年遅れた、脳みそ試験の合格通知となりました。Thank youね!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
桜咲くですね♪〜でも試験受けてよかったね!15年遅れでもそれも外国で勉強した結果が出たわけだから。。。筋肉使っていた15年間があったから今の仕事が出来ているところ大だから無駄にはなっていなかった15年間ですよ、きっと。でも考えられないことかも(笑)努力をしなかった人が突如猛勉強したということは、したいことが出来て目標があれば一生懸命になれるんだということですね!ああ、良かった!!(これですこ〜しスネが強くなるかな…(^^)それもこれも周りの人たちに感謝しなければいけないですネ!!!先ずはおめでとう!
キャサリーンマリー
2008/03/01 10:21
おめでとうございます。素晴らしいことですね。英語の、しかもきびしい競争世界での合格通知。その達成感は大きなものでいらっしゃいましたでしょう。これからの人生そのものへの自信につながっていかれることと存じます。ますますのご活躍を心より祈念しております。
メルシーラパン
2008/03/01 10:42
キャサマリ様: いやぁ〜、通ったというより、通っちゃったという感じ。昔は、仕事するなら筋肉使うか、脳みそ使うかどっちか一つの職業になるだろうと思ってたけど、両方使う職に就くとはねぇ。でも、いつまでも筋肉を使うポジションじゃなく、筋肉を使わない指示を出す一番上のポジションにのし上がらなければなりません。これから大きい作品が次第に多くなると思うけど、一つずつ確実に勉強していきます。今後とも宜しく。
Mr.Y君
2008/03/01 15:47
メルシーラパン様: 有り難うございます。正直達成感というよりも、安心感のほうが強いです。達成感は自分の一番大きな目標した時に感じるのかもしれません。合格通知を見て、時間が経つにつれ、これからだなと思っています。まだまだ、毎日毎日、ワンショット、ワンショット全てが勉強です。周りの仲間に恵まれてここまで来たので、これからは、少しでもお返しが出来るように頑張りたいです。人よりも15年も遅れた受験通過。これからもマイペースで頑張ります!
Mr.Y君
2008/03/01 15:53
合格おめでとう!よかったね!君の頑張りに乾杯です! 目標があると能の筋肉も頑張れるね!日本語の試験でも大変なのに英語の試験なんて 英語もあまりわからずに渡米したそうなのにすごいね これからも体に気をつけてね 健康にはくれぐれも気をつけて頑張ってね  
ぴっぴ
2008/03/02 23:29
おめでとう!仕事をしていく上で健康なことは大事な事、両親に感謝せなん!それにしても目標に向かってまっしぐらな姿は見習いたい。俺も山あり谷ありで大変やけど頑張ります
リョウ
2008/03/04 17:55
リョウ君:ありがとう!いやぁ、俺の高校の成績を知っている君なら、分かるど!?俺がどんだけ勉強苦手だったか!でも、30歳になっても、真剣になりさえすれば何とか運も作用して道は少しずつ開くものかなと今回のお受験で少し感じました。お互いいつまでも元気で頑張ろうばい!
Mr.Y君
2008/03/04 19:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
筋肉使わず脳みそ使った15年遅れの受験  "La Lumiere et l'Ombre"/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる