"La Lumiere et l'Ombre"

アクセスカウンタ

zoom RSS タダで絵画鑑賞!

<<   作成日時 : 2008/03/13 11:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

画像

<<盲目の退役軍人を演じるアル・パチーノが素晴らしい。"ゴッドファーザー"以降の作品では、僕は一番好きだ。>>

お昼過ぎに、コネチカット州ウェストポートで撮影予定の映画が、残念ながらキャンセルになってしまったと、よく一緒に仕事をするIちゃんより連絡あり・・・。予定では、先週始まる予定だったが、色々な問題が発生し、延期を繰り返した挙げ句にプロジェクト自体が消滅してしまった。先月上旬まで続いた、WGAのストライキの影響で、いくつかのメジャー作品もオジャンに。3ヶ月以上続いたストライキの終了と同時に遅れを取り戻そうと準備もままならいまま見切り発車をしたところ、やっぱり躓いてしまったようで・・・。

ちょっと気分的にヘコんでしまい、気分転換に、たまに立ち寄る"絵画屋"さん(ギャラリー)と行きつけの本屋へ。家の近くにあるこじんまりした一件目。先週まで小さい額縁に入った良い絵が窓際に飾ってあったが、恐らく誰かが買ったみたいで、15分程で出た。2軒目はグラマシー地区にある中くらいのギャラリー。ここには、アルゼンチン人、ファビアン・ペレスという僕の好きな画家の作品を展示販売している。お値段は・・・。庶民の僕には手が出ない・・・。ので、観るだけ。タダだし!

画像

<<ファビアン・ペレス作 "Tango W">>

彼の作品は、光の使い方が素晴らしく、躍動感があり、その反面孤独感も感じ、非常にドラマチックで繊細。そんな中でも、タンゴダンサーを描いた一枚が僕のお気に入り。元々、タンゴの音楽、動きに魅力を感じていた。映画『セント オブ ウーマン -夢の香り-』のアル・パチーノとガブリエル・アンウォーのタンゴダンスを観て以来、タンゴには非常に魅力、ドラマを感じる。全く踊れないけど! 以下に、映画『セント〜』のタンゴダンスシーンを観れるのでどうぞ。ただし、この映画を観た事が無い人には、映画を観てもらう事を強く、強く、強くお薦めします!ストーリーの流れを理解したうえで観てもらうほうが、よりこのシーンを理解出来るからです。 http://www.youtube.com/watch?v=dBHhSVJ_S6A

画像

<<同じくペレス作 "Black Stones">>


画像

<<ペレス作 "Geisha V" 日本人の描き方とは違い影の作り方も独特だと思う。>>

その後、本屋に行き絵画集のコーナーで、好きな画家の画集、レンブラント、カラバッジョ、ゴヤ、ルーベンス、ラ・トゥール、フラゴナール等バロック、ロココ期の画家、トーマス・イーキンズ、ジョン・シンガー・サージェント、エドワード・ホッパー等2時間半程床に座り込んでお腹いっぱい堪能して家路に着いた。

画像

<<ジョン・シンガー・サージェンド作 "The Daughters of Edward D. Boit">>

画像

<<トーマス・イーキンズ作 "Elizabeth Crowell With A Dog">>

画像

<<トーマス・イーキンズ作 "The Agnew Clinic">>

色々な映画を観る事も勉強だが、シネマトグラフィーに大きな影響を与えた絵画を観るのも非常に良いライティングの勉強になるし、気持ちのリフレッシュにも一番の効果がある。自分なりに感じるものを、自分の中で時間をかけてしっかり吸収していきたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
あなたのブログ・・・直送便という感じでとても刺激受けました。映画への思いはお母様からのDNAなのですね。
「青年よ大志を抱け」遠く長野県は松本市より
エールを贈ります。
これからも時々伺いますので宜しくです。
kimiko
2008/03/13 19:45
あなたと最後に見に行ったのは片岡鶴太郎の絵画展だったかしらね?。また帰ったら一緒に行きたいね♪コンサートも小野りさだったよね♪
キャサリーンマリー
2008/03/14 00:11
どの絵も光と影の対比が美しいですね。こんな絵を観ると戦慄に似た感動を覚えます。日常目にするようで、実はたいへんに非現実的な世界を見たような、そんな気持ちになりました。よい環境で生の絵をご覧になれて、さらには本で学習されて、日々ギュンギュンと鋭い感覚が芽生えて来られるのでしょうね。がんばってください。
メルシーラパン
2008/03/14 00:14
この前ひさしぶりに話したけど頑張ってんな〜
聞き忘れたけど痩せた?
この仕事やってるとなかなか長い休みはとられへんけど、またモグ亭いきましょう…
やっぱ東京でレバ刺しやな
from渋谷3丁目
2008/03/16 19:45
kimiko様:お返事遅くなり失礼しました。先週から忙しくなり、昨夜も仕事が夜中まであり、今日3月16日の早朝に電車に飛び乗り、次の映画、エドガー・アラン・ポー原作の『Tell-Tale』("暴露","告げ口"の意)の撮影の為、ロードアイランド州に来ました。kimikoさんともきっと何かのご縁があって、こうやってお話をする事が出来るのだと思います。これからどうぞ宜しくお願いいたします。
Mr.Y君
2008/03/17 09:59
ラパン様:お返事遅くなり失礼しました。次男さんとお会いする直前に決まっていた映画がキャンセルになったのですが、彼とお友達に会う事が出来て幸運を頂いたのか、急遽エドガー・アラン・ポー原作の『Tell-Tale』("暴露","告げ口"の意)、プロデューサーはリドリー・スコット、トニー・スコットの兄弟、主演は昨夏に別の映画で一緒にお仕事をしたジョシュ・ルーカス("ポセイドン"等で知られる)と、比較的大きな作品に参加できる事となり、今日ロードアイランド州のプロビデンスという街に来る運びとなりました。次男さんの目標に向かう姿に励まされました。また日本で会える日を楽しみにしています。
Mr.Y君
2008/03/17 10:12
キャサマリ様:今日無事に、ロードアイランド州に到着しました。昨日12時過ぎまで仕事して、帰ってほぼ徹夜で荷造りをして、電車に飛び乗って到着。電車を降りると黒塗りの車がお出迎え!さすがスコット兄弟の映画と思うも、異常な罪悪感に・・・。『俳優でも監督でもDPでもない、ただのライティングクルーなんだけど、良いのかなぁ・・・』と。その後ホテルにチェックインして、夕方先に現地入りしていたSさんと落ち合い、食事をして今帰って来たところです。日本食に行ったのですが・・・。今週末は祝日で金曜から3連休なので一旦NYに帰ろうと思っていますが、その際炊飯器と米を持って来ようと思っています。和食、美食・・・。
Mr.Y君
2008/03/17 10:26
渋谷3丁目くん: ごめん、メッセージ聞きました。折角電話くれたけど、ロードアイランド行きの電車の中だったので、応答出来ませんでした。スマヌ!そのあと電話したけど繋がらなかった!いやぁ、痩せてないね。逆に2、3キロ太ったかな?でも、映画の撮影が始まると間違いなく5キロくらいは痩せるので御心配なく!あぁ〜、また明日から、あのドギツイ食事が続くと思うと、それだけでお腹いっぱいになってしまいます。本当に健康には気をつけなくてはと思います。ところで、学生の頃に俺らの行きつけだった『モグモグ亭』、閉店したって知ってた?もう2年くらい前じゃないかい・・・。600円でお腹いっぱい食わしてくれた、あのおばちゃん姉妹元気かねぇ。俺はいつもトンカツ、君は唐揚げ定食だったよな。よくご飯のお替わりタダにしてくれたよなぁ。食後のミックスジュースもウマかったぁ!いやあ、懐かしい、懐かしい!ヨダレが出て来たのでこの辺で!
Mr.Y君
2008/03/17 10:40
きょう、アマゾンから取り寄せた「セントオブウーマン」が届きました。さっそく、見ますね!「エリザベスゴールデンエージ」見ました。いつも思うのは本当に役者のその役つくりは凄いなあと思います。ケイトブランシェットはきれいで凄い!!
キャサリーンマリー
2008/03/17 21:17
親子で共通の話題で楽しめる事・・・素晴らしいですね。私、参入出来ない(笑)
NEWYORKの街の様子もお知らせ下さいね。
kimiko
2008/03/19 22:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
タダで絵画鑑賞! "La Lumiere et l'Ombre"/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる