"La Lumiere et l'Ombre"

アクセスカウンタ

zoom RSS 遅ればせながら・・・、明けましておめでとうございます!

<<   作成日時 : 2009/04/30 09:29   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

いっやぁ〜、いや、いや、いや、いやぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜! 遅くなりましたが・・・、新年おめでとうございます!!!  前回の更新から、早半年、一年の半分も過ぎてしまいました!!! 時間が過ぎると言うのは、本当に早いものであります・・・。実は、引っ越しで面倒な状況に巻き込まれてしまい・・・。引っ越そうと場所を決めて前のアパートを出たのは良いものの、引っ越し先のロフトがNY市の住宅管理課から賃貸許可を貰っていない・・・、と言うわけで同じオーナーの持つ別のアパートに約2ヶ月程の予定で”仮”の住まいに引っ越した所、何だかんだ僕には関係のない事で、先方が手こずり、未だにそのロフトには入居出来ず・・・。そんなこんなで、荷物は片付けられないし、インターネットは引けないし・・・。(そんなわけで、今この更新も、ウチの近くの行きつけのカフェの無線LANを使って書いているところであります。ってなワケでありまして、コメントをくれた方々、お返事出来ずスミマセンでした!!!)来月半ばまでに入居出来なければ、別の場所に引っ越すとこちらから大家に”最後通告”をしたところであります。日本では、まずあり得ない状況かと思いますが、こちらのお役所や大家というのはこういう事が多く、アメリカに来て10年も経てば慣れてしまいましたが、それと伴い“交渉術”、駆け引きの仕方も、お金には無頓着だった学生時代と違い多少身に付いたようであります。アメリカもご存知の通り不景気です。個人的にはほとんど感じないのですが、映画の世界にも若干の影響が出ています。

そんな中、運良く2月中旬から4月初旬まで映画『The Extra Man』の仕事が入り何とか食いつなぐ事に成功。ちなみに主演は、超名優のケビン・クライン。共演は『ゼア ウィル ビー ブラッド』で奇抜な牧師を演じて注目されたポール・ダノ、そしてトム・クルーズの奥さんことケイティ・ホルムズ(余談だけど、彼女2週間で撮影済ませて旦那さんと日本に行ってたらしい、プライベートジェットで。いいなぁ。)

ケビン・クラインと言えばメリル・ストリープと二人で主演したアラン・J・パクラ監督(“コールガール”、“大統領の陰謀”、“推定無罪”、“ペリカン文書”)の『ソフィーの選択』での自由奔放な生物学者役が一番有名ではないでしょうか。ナチスのユダヤ人大虐殺、ホロコーストを生き延び、命からがらに辿り着いたアメリカ。ニューヨークの図書館で倒れたところをネイサンに助けてもらったソフィー、そして、その二人の住むブルックリンのアパートに引っ越して来た作家志望の青年スティンゴ、この三人の関係を描いた名作。彼女がナチス統治下で迫られた究極の“選択”とは・・・。 記憶に新しいところでは、メグ・ライアンと共演したロマンティックコメディの『フレンチ キス』、『ワイルド・ワイルド・ウェスト』、『海辺の家』、『卒業の朝』が知られている作品だろう。

画像

<<"The Extra Man"のセット。ケビン・クライン演じる主人公のアパート。携帯のカメラなので、ちょっと観にくいかな・・・。>>

その後いくつかコマーシャルをやった後、先週からニコラス・ケージの新作に参加。久しぶりに、完全に違うチームに入って、 新しい人達と仕事をしています。アメリカのユニオンに入って約一年、 希望通り映画中心の仕事を、一番気心の知れた人達と、時には苦労しながらも楽しく仕事してきた。僕にとっては、完璧なチーム。ただ、以前から、もっと違う人とたちと一緒に仕事してみたいとも常々思っていた。いくつか理由がある。 

やっぱり一番の理由は、精神的な『甘さ』の芽が出始めたこと。今は、まだ『あの人がやってくれるかなぁ、でも僕がやっとこう』くらいで、何とか自分をコントロール出来るが、このままだともっと甘い方向に引きずり込まれてしまいそうな気がしてきた。ここらで、一度『他人様の作った飯』を食ってみないと、自分のプロとしての精神的、技術的な未熟さに気付かないような気がした。違うチームに行けば、同じライトの作り方でも違ったやり方で、効率的な方法を使うかもしれないし、逆に、非効率的なやり方もかもしれない。一つのチームでも勉強する事は常に尽きる事は無いけど、 違う人達と仕事すれば、必ず良い事も悪い事も更に沢山学べる。映画の撮影の一番の魅力は、絶対に同じ方法が存在しないこと。特に、ライティングに関してはそうだ。100人のシネマトグラファー/ライティング カメラマンがいれば百通り、もしくは、百以上のやり方がある。僕が、この仕事に辿り着いたのは毎日違う事を、違うところでやりたいと思ったのが、単に映画が好きだったと言う事意外の、一番大きな理由だと思う。

それから、一つのチームに完全に落ち着いてしまうにはまだ、若過ぎるかなという想いもここ半年くらいあった。折角奇跡的にユニオンに入れたのに、他の素晴らしい技術者達と出会わないのは、非常にもったいないし、出会いを拒む理由なんて全く無い。僕がいつの日かライティングカメラマンになった時に、一緒に仕事をする人達が必ずこのユニオンの中にいると思うと、早くそういう人達と出会っておきたい。

ユニオンのメンバーと言う事で、仕事が無い時には、ユニオンのオフィスに電話して自分の名前をユニオンのホームページ上の"Avaiable List"(アベイルブル リスト)に記載してくれる。このリストは、毎日数回更新され、ユニオンの管轄内で撮影されている全てのプロダクションにFAX/E-mail され、技術者が必要な場合はプロダクションはそのリストの中からクルーを雇わなければならない。そのリストの人間が誰も来る事が出来なければ、ユニオンメンバー以外の人を雇う事が許される。ユニオンの一番の目的である、メンバーの仕事を確保するためのリスト。その為、プロダクションはコールシート(call sheet)を一日の終わりに必ずユニオンにFAX/e-mailする事を義務づけられている。コールシートとは、表のページが翌日の撮影場所、シーンの簡単な説明とスケジュール、その後3日間のスケジュール、天気予報、特殊機材の詳細等が記されていて、裏面に各部署のクルーの集合時間、名前が記載されていて、ユニオンはその名前を全てチェックして、ユニオン以外の人が雇われていないかをチェック。もし、ユニオンのメンバーが空いているのに雇われていない場合は、即プロダクションに電話をして状況を調査する。

画像

<<こちらコールシートの裏面。全クルーの集合時間と名簿>>

画像

<<こちらは、タイムカード。 "The Extra Man" の時には代理でBest Boy Electricをやったが、週末のこのタイムカード提出が一番イヤな仕事だ、人の給料に間違いが合っては困るし一番期を使う・・・。>>

先週からやっている、ニコラス・ケイジの作品、 予算が約185億円。今までやった仕事で、疑いの余地無く一番の大作。正直、毎日戸惑う事が多い。でも、それが新鮮でもある。5年前にNYに来た時と言うより、 10年前にボストンに来た時の感覚に似ている。初日、誰も知っている人がいなくて、まして、これだけの大作になると、勿論経験が要求されると言う事で、僕よりも、年配の人が多い。そんな中、今回の僕のボスであるビル・ムーア。休憩中いきなり日本語を話しだして、ビックリ。実は、奥様が日本人と言う事でちょっと日本語がわかる。この映画、8月まで撮影が続くのだが、この仕事の後に、旅行で奥様と熊本に行くとの事。とても穏和な人で、一番の若造の僕にも辛抱強く付き合ってくれる。ビルは大作でGaffer/Chief Lighting TechnicianやBest Boy Electric(chiefの第一アシスタント)を長年やっている超ベテラン。『レボリューショナリー ロード』、『アメリカン ギャングスター』、『ボーン アルティメイタム』、『グッド シェパード』、『ショーシャンクの空に』、『ファーゴ』、『クンドゥン』、『デッドマン ウォーキング』等々、錚々たるクレジットだ。仕事を観ていると、さすがに“無駄”が全く無い。彼の一挙一動を見逃さないようにしているが、さすが大作で自分の部署のトップを任されるだけの事があると、ある種の感動を覚えてしまうくらいだ・・・。

画像

<<ライティングのスケールも凄いが、やっぱりセットが非常に精巧に緻密なデザインで作られている事に驚く>>

画像

<<上から見るとこんな感じ>>

画像

<<遠くから観るとこんな感じ>>


画像

<<横からケーブル用の橋。ちなみにこのどでかい建物は普段は軍の兵器庫や訓練施設として使われている。>>

画像

<<隣を見ると、別のセットを建設中。ちなみに、これはマンハッタンにあるクライスラービルディングの頂上部分を作っているらしい・・・。デカイ・・・。>>

新しいチームに入って行く時は多少不安がある、受け入れられるかどうかみたいな。でも、この人みたいになりたいと思える人との出会いがあるから、また頑張ろうと思えるし、その多少の不安も良い刺激になる。今年は、そんな新しい人達との出会いの年かなとも思う。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フェラガモ 店舗
遅ればせながら・・・、明けましておめでとうございます! "La Lumiere et l'Ombre"/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ 店舗
2013/07/04 06:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まったく、全くもう、、、いつになったら引越し完了なの!、、、と言いたくなるような長い仮住まい、、美味しいものを送りたくてもなかなか送れないじゃないの、、と。。。でもでも、、ただ今Swine flu(豚インフル)が怖いからこちらのほうが心配ですね><
防ぎようがないようだけどマスク手洗いうがいには気をつけてと言うしかないわね。
キャサリーンマリー
2009/05/01 12:38
引っ越し先がそんな事になるなんて大変だね><海外でそんな事になるのは不安やけど長くいるとなれるのかな。
ニコラスケイジのセット、すごいね!!撮影頑張って!
カナ
2009/05/02 01:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
遅ればせながら・・・、明けましておめでとうございます! "La Lumiere et l'Ombre"/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる