"La Lumiere et l'Ombre"

アクセスカウンタ

zoom RSS 一流との仕事

<<   作成日時 : 2009/06/02 14:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

<<クレーンのかごの中。"12-Light Maxi Brute" 1000ワットの電球が12個ついています。僕のクレーンにはこれが3台。>>

画像

<<暫くかごの中で寝ていたけど、下で次のショットの準備で、起きて仕事。>>

先週は、一週間毎日夜通しの撮影だった為、週末はちょっと時差ボケのような感じである・・・。

やはり、さすがハリウッドのメジャースタジオ、"ディズニー"の作品だけあって、撮影のスケールもでかい。恐らく先週の撮影にかかった費用は軽く2億円は超えていると思う。人件費もそうだが、一番かかっているのはロケーション費用だろう。木曜日は、ロックフェラー・センター・ビル前の5番街を47丁目から54丁目まで10ブロック(区画)を完全封鎖し、抜けに見えるロビー内にもライトを大小合計16台配置して、ライトを組んだクレーンも5番街に沿って全部で5台配置して、ドライビングシーンを撮影。金曜日は6番街を14丁目から28丁目まで、これまた完全封鎖し、ライトを組んだクレーンも7台配置して、同じくドライビングシーンを撮影。

画像

<<"Process Trailer"というドライビングシーン撮影用の特殊トレーラーフォードのピントを乗っけています。>>

画像

<<この日準備された車は、ピント2台の他、ベンツ2台とマクラーレンSLR2台。>>

画像


画像


画像

<<2台用意されたフォードのピント。写真真ん中の白いゴミ収集車に潰されています・・・。贅沢だなあ、というか、もったいない・・・。>>

今回、僕にとって一番嬉しい出会いは、Gaffer(チーフ・ライティング・テクニシャン)の Tony Nakoと仕事ができる事。彼は、ハリウッドでトップクラスのGafferで、著名なシネマトグラファー達のライティングを、多くの大作で技術面からサポートしている。彼が、これまでGafferを務めた作品は、新しいところでは、トム・クルーズ主演でアドルフ・ヒトラー暗殺計画を描いた大作『ワルキューレ』、ジョン・トラボルタ、ミシェル・ファイファー、クリストファー・ウォーケンの『ヘアスプレー』、テリー・ギリアム監督の『ブラザーズ・グリム』、ブラッド・ピット主演の『Mr.&Mrs. スミス』、ジョージ・クルーニー主演で湾岸戦争を批判的に描いた『スリー・キングス』、ジョージ・クルーニーの監督デビュー作品『コンフェッション』、そして、アメリカンコミックの映画バージョン『X-メン』『Xメン2』とまさに錚々たるクレジット。

画像

<<この写真とったのは、まだ夜9時過ぎだけど、完全封鎖のためご覧の通り。この5番街は、木曜の夜ともなれば人ごみが凄いが、この日はスッカラカン。ロケーション費用は一晩で、日本円にして・・・、7千万円!>>


Tonyと一緒に仕事する中で、一番ボクにとって有り難いのは、Tony自身もシネマトグラファーであると言う事。時間がある時は常に色々なアドバイス等を丁寧に説明してくれる。特に、僕の好きなシネマトグラファーの一人、ニュートン・トーマス・サイジェル,ASC(『ワルキューレ』、『ユージュアル・サスペクツ』、『悪魔を哀れむ歌』、『コンフェッション』、『ブラザー・グリム』)のGafferということで、色々な話を聞かせてくれる。

彼は普段は、ロサンゼルスに住んでいて、ユニオンもボクらとは違うのだが、今回の作品のシネマトグラファーである、ボヤン・バゼリ,ASC(『カリフォルニア』、アメリカ版『リング』、『Mr.&Mrs. スミス』、『ヘアスプレー』)の希望で特例でニューヨークでの撮影に参加を認められている。 だから、彼のようなハリウッドのトップクラスのGafferと一緒に仕事出来るチャンスはそうそうない。そういう意味でも、今回Tonyと一緒に仕事出来ると言うのは、僕にとって毎日が最高の"授業"なのである。当初の予定では、僕は先週一杯で終わりだったのだが、木曜日の夜の撮影が終わり、Tonyが『もし暇なら残り一ヶ月最後まで一緒にやるかい?』と聞いて来たので、当然『宜しくお願いします!』と即答した。とにかく、いい人だ!

画像

<<クレーンのコントロールパネル。ここを操作して・・・、>>

画像

<<ここまで上がって行きます。>>

画像

<<クレーンに乗るの嫌いじゃないけど、普通では見れない角度から、このセント・パトリック教会等の古い建築物を"観賞"出来るのは役得だ! 一度上がってGafferの支持通りのライトの調整が終わると、後は退屈で6時間は降りて来れないので、いつも本を持って上がる。大体、技術関係か小説が多い。後は、次のセットアップまで寝る事もある。トイレは、ペットボトル!食事は、僕は仕事先で出される食事を全くとらないが、クレーンに乗る時は家でオニギリを作って持って行き、上に上がって一区切りついてから食べる。>>

画像








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いやぁ!正体がばれましたか!
いろんな経験ができているようで仕事も楽しいやろ?俺も仕事頑張るわ。
キャサリーンりょう
2009/06/02 16:16
高いところが苦手な私はおそろし〜!です。
でもこの角度からセントパトリック教会を眺められるのは素敵ね♪でも、くれぐれもしっかり気をつけて油断なく仕事頑張ってね!!!
キャサリーンマリー
2009/06/02 22:21
こういう画像を見るとワクワクしますね。
どんな映画になるんだろ?あそこで撮影していたシーンは、どこに使われているんだろう?という感じで、映画を観ているとき捜してしまいます。

ペットボトルか・・・宇宙飛行士は、紙おむつだそうです。(笑)

ILMにも何人か日本人がいてラストのスタフのところで日本人の名前を見つけるとうれしくなってしまいます。

がんばってください!
ねこのひげ
2009/06/05 08:02
ごめん、また電話する
渋谷
2009/06/22 17:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
一流との仕事 "La Lumiere et l'Ombre"/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる