"La Lumiere et l'Ombre"

アクセスカウンタ

zoom RSS That's Wrap! (終了!)

<<   作成日時 : 2010/08/22 12:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

画像

<<HBOパイロット『The Miraculous Year』撮影中。通行止め・・・、ご近所の皆さんご迷惑おかけしました・・・。>>


またまた、更新が御無沙汰になってしまいました・・・。日本の皆様、今年は凄い猛暑と聞いていますが、体調大丈夫ですか?

『The Son Of No One』終了の後、『White Collar』(Fox配給、ケーブルチャンネルUSA Network)のシーズン2にしばらく戻り、7月初旬に去年撮影された、『The Beaver』(ジョディー・フォスター監督)の
reshoot(追加撮影)をやらせてもらった。主演は、監督も務めるジョディーとメル・ギブソン。今回大変だったのは、技術的な事よりも、スケジュール。この撮影開始直前に、メル・ギブソンのプライベートでのゴタゴタが新聞各紙の一面で取沙汰され、裁判所から"restraining order"(日本語でいうと恐らく行動制約命令)が出され、現場入りが大幅に遅れたり等の影響で、スケジュールがずれ込み続けて、後半は一日17時間を超えたりと、結構大変だった。でも、非難的な報道がメルに集中する中、現場ではかなり憔悴し切っていたようで、有名になると本当に大変だなぁ、"有名税"って日本もアメリカも一緒か、と事の真相は知らずともかばいたくなってしまった。ただ、二人とも、仕事に関しては、プロ意識の塊で、短期ではあったけど色々学ばせてもらった。

その後、コマーシャルを一本やって、7月中旬から、ケーブルTVの映画/ドラマ専門チャンネル最大手のHBOのパイロット『The Miraculous Year』を今週までやった。パイロットとは、いわゆる試作品。アメリカの場合、ドラマは1シーズン平均20話前後で放送されるが、まず一時間半〜二時間の"試作品"を作り、それを見たスタジオ側が売れると判断して初めてシーズン化される。パイロット制作の予算は、平均で7億〜10億。考えてみると、ハイリスク、ハイリターンだ。どこのスタジオも興味を示さなければ、"お蔵入り"なのだから。しかし、今回は、HBO側も演出陣、俳優陣ともにしっかりしたメンバーでチームを作った。

まず監督は、今年アカデミー賞で、イラクで活動する爆発物処理チームの若者を描いた作品『ハート ロッカー』で女性監督初のオスカーを獲得したキャスリン・ビグロー監督。日本でも公開されたが、見逃した人には是非DVD購入をお勧めしたい。彼女が監督した過去の作品には、キアヌ・リーブスにブレイクのの切っ掛けを与えた『ハート ブルー』(原題:"Point Break")、近未来SF作品『ストレンジ デイズ』、そして1961年に実際に起きたソ連の原子力潜水艦事故を元に映画化した、ハリソン・フォード主演の『K-19』等がある。
『ハート ロッカー』HP---> http://hurtlocker.jp/
『ハート ロッカー』予告編 http://www.youtube.com/watch?v=RQH0dP-2Snw
『ストレンジ デイズ』予告編 http://www.youtube.com/watch?v=5yaXPx6xWEQ
『ハート ブルー』予告編 http://www.youtube.com/watch?v=AVk3mR2UhgI


画像

<<この日はビーチで撮影して、その後ビーチハウスの中のシーンへ移動。外からデイライトを軽〜く!>>

画像

<<日も落ちてきてクレーンに乗っているクルーもお疲れモードで、ウトウト!?>>

脚本は、『グラディエーター』、『ラスト サムライ』、『アビエーター』を手掛けたジョン・ローガンが担当し、俳優陣は、『フロスト/ニクソン』でリチャード・ニクソンを見事に演じ切り昨年のアカデミー賞最優秀主演男優賞にノミネートされた名優、フランク・ランジェラ、日本でもお馴染み、『デッドマン ウォーキング』でアカデミー賞主演女優賞を獲得したスーザン・サランドン、『アバウト シュミット』等で知られるホープ・デイビス。


画像

<<今回色々勉強させてもらったバリー・アクロイド,BSC(British Society Of Cinematographers)>>


そして、何より、今回僕が一番楽しみにしたのは、イギリス人シネマトグラファー(ライティング カメラマン)のバリー・アクロイド,BSCと仕事をともに出来る事だった。彼がシネマトグラファーを務めた作品は、『ユナイテッド93』、日本でも公開されたマット・デーモン主演の『グリーン・ゾーン』等がある。そして、キャサリンとは『ハート ロッカー』に続くコンビで、バリー本人も今年のアカデミー賞最優秀シネマトグラフィーにノミネートされている。撮影開始前日に、一緒に日本の焼き肉を食べに行った際に、『ハート ロッカー』に関しての技術的な質問を、雑誌のインタビューのように矢継ぎ早に質問する僕に、嫌な顔一つせずに非常に丁寧に、丁寧すぎる程、ユーモアを交えながら詳しく答えてくれた。実際撮影が始まってからも、ライティングを行う際にしばしば個人的に、シネマトグラファーを目指す若い僕に、熱のこもったアドバイスをくれた。


画像

<<左から。この4年間面倒を良く見てもらっているフランク・スタボルフィールド、元ヒッピーでよく勉強になる歴史等の話を良くしてくれる、密かに頭がいい。僕がユニオンに入る際に保証人になってくれたギャリー・マートン、ベテランで『陰謀のセオリー』、アメリカ版『ゴジラ』などの大作からインデペンデントの名作『レクイエム フォー ドリーム』等まで手掛けているNYでトップのKey Grip。ギャリーとは今回で5本目の映画をともにしたけど、本当に面倒見の良い人です。右端は、ドリーグリップのダン・デニット、セットではいつも色々な話をするけど、このダンもこれまた良い人で、毎回一緒に仕事するのが楽しみ。>>


今回の仕事で一番勉強になったのはバリーとキャサリンのコミュニケーションの取り方。つまるところ、監督とシネマトグラファーの撮影の進め方。名コンビだと思った。これから、この二人の作品が楽しみなった。


今週で撮影は終わったが、毎回思うのが、自分はこの世界でまだまだハナタレ小僧だなと。終わりの無い勉強が楽しくて、またバリーやキャサリンのような人間的にも素晴らしいフィルムメーカーと仕事ができる運の良さ、チャンスをくれる人達に感謝したい。


画像

<<最終日ゲイのセックスシーン撮影のため、超ゆっくりした一日で、こんだけ薄暗いとウトウトして・・・。>>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
グッチ ボストンバッグ
I'm still learning from you, as I'm trying to achieve my goals. I definitely enjoy reading all that is posted on your site.Keep the tips coming. I enjoyed it! ...続きを見る
グッチ ボストンバッグ
2013/06/02 13:53
オークリー サングラス
That's Wrap! (終了!) "La Lumiere et l'Ombre"/ウェブリブログ ...続きを見る
オークリー サングラス
2013/07/06 04:31
VISVIM サンダル
That's Wrap! (終了!) "La Lumiere et l'Ombre"/ウェブリブログ ...続きを見る
VISVIM サンダル
2013/07/09 19:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
That's Wrap! (終了!) "La Lumiere et l'Ombre"/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる