"La Lumiere et l'Ombre"

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカン ラブコメの巨匠ゲーリー・マーシャル監督

<<   作成日時 : 2011/02/21 15:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

年も明けて、昨年の10月にスタートした"Man On A Ledge"(サム・ワーシントン主演)も1月中旬に無事に終了。その後、そのまま次の作品"New Year's Eve"の準備に入った。まだ、"Man On A Ledge"をやっていた年明け直後にクリスマス、年末の余韻の残るマンハッタンの景色撮り等は数日間に渡って行った。というのも、タイトル"New Year's Eve"(大晦日の意)の通りストーリーが大晦日の1日で、複数のカップルや夫婦を描いた作品で、当初はクリスマス直後に風景撮りをする予定だったが、年末にニューヨークを襲った大吹雪で風景撮りが延期された。その為、クリスマス、大晦日の余韻の残るうちに撮ってしまわなければならなかった。しかし、タイムズスクエアのカウントダウンはカメラ12台を使って、タイムズスクエアにある何棟ものビルの屋上から大晦日当日に撮影することができた。

画像

<<祭日、年末の余韻の残るレディオシティー ミュージックホール前。 >>

画像

画像

<<VE(視覚効果)の為カメラを4台プロセストレーラーに組んで、出発前の最終調整中。>>

画像

<<リンカーンセンター前、プロセストレーラーにカメラを組みマンハッタン中を回る。寒い・・・。>>

画像

<<景色撮りはライティングは一切ないので、ゆっくりリラックスしたペースで。でも、やっぱり寒いのはツライ・・・。 >>

画像

<<僕のユニオン(労働組合)加入の際に推薦人になってくれたKey Grip(特殊機材チーフ)ギャリー・マートン(モニターに映ってるおじちゃん)とは今回で6本目の仕事>>

今回一番楽しみなのは、ラブコメの巨匠、ゲイリー・マーシャル監督、何と御年76歳! そして彼と長年コンビを組み続けているシネマトグラファー(ライティングカメラマン)、チャールズ・ミンスキー, ASC。マーシャル監督と言えば、ジュリア・ロバーツをスターダムに押し上げた『プリティーウーマン』が一番有名だろう。シネマトグラファーのチャック(ミンスキーの愛称)とは、『プリティーウーマン』以来、5本のラブコメでコンビを組んでいる。僕は、チャックとは3年前にCBSのTV映画"Loving Leah"で一緒させてもらって、非常に楽しく仕事出来たのを覚えている。

http://www.youtube.com/watch?v=-r8N6I4ENL4 『プリティーウーマン』予告編
http://www.youtube.com/watch?v=xzgqkU5a9Uk 『プリティーウーマン』主題歌
http://www.youtube.com/watch?v=E4ufitiABBo&feature=related ロイ・オービンソン 『オー プリティー ウーマン』


今回の"New Year's Eve"はいわゆるオールスタームービーで、出演者は、名優ロバート・デ・ニーロ、アシュトン・クッッチャー("べガスの恋に勝つルール")、ヒラリー・スワンク("インソムニア", "ボーイズ ドント クライ", "ミリオンダラーズ ベイビー")、サラ・ジェシカ・パーカー("セックス アンド シティー"シリーズ)、ジェシカ・ビール("幻影師アイゼンハイム", "ステルス", "バレンタインデー")、ミシェル・ファイファー("スカーフェイス", "ウルフ", "素晴らしき日", "アンカーウーマン", "バットマン リターンズ", "アイ アム サム")、ジョシュ・デゥアメル("トランスフォーマー"シリーズ)、ジュリー・アンドリュース("メリーポピンズ", "サウンド オブ ミュージック")、そして、ミュージシャンのジョン・ボン・ジョヴィと錚々たるメンバー。

個人的にはロバート・デ・ニーロ、ジュリー・アンドリュース、ヒラリー・スワンクと仕事ができるのが一番嬉しい。アメリカンシネマを引っ張る新旧両方の俳優陣と同時に仕事出来るのは、何物にも代え難い貴重な経験だ。


また、名監督とコンビを組み続けるシネマトグラファーが、どうやって監督の考えている事をカメラとライトを使って作品を作り上げるのか、そして、その為にどういうコミュニケーションをセットでとっているのか、つまり、"阿吽の呼吸"、これが一番僕が毎回必死に勉強している事でもある。

画像

<<ライティング前のブルックリン美術館の講堂>>

画像

<<撮影当日のブルックリン美術館の講堂 >>

画像

<<ステージ上のジョン・ボン・ジョヴィ >>

画像

<<10,000個の風船。美術部さんご苦労様でした! >>

画像

<<氷点下15℃山中でのカークラッシュシーン・・・。 >>

画像

<<ステージでの撮影。病院のワンフロアー作っちゃいました!屋内は温っけぇ〜!!! >>

画像

<<今回の予算は60億円で、インディーズ映画ではほとんどみない、"デイリートレーラー"まで用意され、ランチを食べながら、前日撮影したものをこのトレーラー内で試写する。>>

まだ、始まって3週間で、4月末までの撮影は長いが、この撮影の後に帰国を予定しているので、毎日が"最後"、"最終日"と言う気持ちで頑張りたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
私の好きな役者さんたちがいっぱい!ミーハー的には「サインして!」と叫びたいのですが。。。ここは冷静に「くれぐれも体と事故には気をつけて!」と。。。
キャスリーンマリー
2011/02/21 20:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
アメリカン ラブコメの巨匠ゲーリー・マーシャル監督 "La Lumiere et l'Ombre"/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる