"La Lumiere et l'Ombre"

アクセスカウンタ

zoom RSS ユニオン

<<   作成日時 : 2011/09/25 18:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像


先日、IATSEユニオン(米国映画技術者労働組合)のLabor Day Parade(労働者記念日のパレード)に参加した。日本では昔ほど労働組合が力を持つことはないと言われるが、米国、僕らの業界のユニオンは非常に力が強く、メジャースタジオとの交渉等でも上手く行かない時には、実際にストライキに突入することもある。4年前に脚本家達がストライキに入った際には、業界全体が大変な騒ぎになった。

ユニオンと言うとあまり賛否両論あり、良い印象を持たない人も少なくない。そこは、正直分からないことはない。特に、日本のプロダクション関係者はアメリカでの撮影に関して極力ユニオンに関わらないようにしているようだ。ただ、それぞれの都市に住み生活している人間にとっては、ユニオンは非常に重要な役目を負っている。特に、アメリカの場合映画は一つの国家的な産業として成り立っている。つまり、一つの作品で莫大なお金が動き、更にそこに莫大な利益が生まれる。その利益を平等に作品に関わった人間に分け与える、考え方によっては、"共産主義"、"社会主義"だと言われかねないし、そうかもしれない。そういう考え方があっても当然だろう。ただ、僕らのユニオンがそういった考え方と決定的に違うのは、経営者側、映画の世界で言えば、スタジオ/プロデューサーというお金を持った側と労働者の関係を平等にする為の組織であると言うこと。これがなければ、労働者は時として過酷過ぎる労働環境におかれる状況が出てきてしまう。

ユニオンは僕ら労働者に何をしてくれているのか?簡単に言えば、スタジオ/プロデューサー等の雇用主と賃金、労働時間、環境、保険、年金等の契約を定期的に交渉し取りまとめてくれる。昔、日本から来たプロデューサーが、「ユニオンのルールは細か過ぎる」と言うのを何度も耳にした。正直に言えば、ユニオンのメンバーである僕でも、そう思うことがある。しかし、経営者と労働者の対等な関係を保つ為には、絶対に必要な組織だと思う。特に、アメリカや欧米の文化では。


個人的には、僕みたいに違う国から来たにも関わらず、年齢も、性別も関係なく平等にチャンスを与えられ、自分の夢を追いかける為に、最良の環境を提供してくれるユニオンには、メンバーとして大きな恩恵を受けているので、素直に感謝したい。


画像



画像

<<ユニオンの創始者メンバー達がアイルランド系移民だったことから、アイルランドの民族楽器バグパイプで構成された音楽隊が先導する>>

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは、それは本当に面白い、ありがとう
escort UAE
2012/12/16 07:14
私はいつも私を活用できるヒントについては、オンラインを研究しています。ありがとう!
escort UAE
2012/12/16 16:32
私達と情報を共有するために考えています。
moroccan escort duba...
2012/12/24 14:23
それは私がこのウェブページへの参照を投稿した場合私の小さな個人的なブログでこれに関する事を置いたときに大丈夫なのか?
annonce escort franc...
2013/03/17 01:13
それはそこにいくつかの興味深いものだった。それを投稿いただきありがとうございます。
ninon escort
2013/03/17 08:07
Hi this is kind of of off topic but I was wondering if blogs use WYSIWYG editors or if you have to manually code with HTML. I’m starting a blog soon but have no coding knowledge so I wanted to get advice from someone with experience. Any help would be greatly appreciated!
escort Paris
2013/04/21 13:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
ユニオン "La Lumiere et l'Ombre"/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる