"La Lumiere et l'Ombre"

アクセスカウンタ

zoom RSS "仕合わせ"、"水戸黄門"、色々思う事。

<<   作成日時 : 2012/05/06 12:34   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

今週も、長い一週間が終わった。今週は、14時間を超える日が二日以上、でも、金曜日は9時間半で終わったので、普通の週末が送れている。

必ずそうではないが、僕らの仕事は、月曜日が大体午前6時、午前7時に始まる。そして、週末に近づくに連れて、少しずつ開始がずれていき、木曜、金曜は午後に始まる事もしばしば。契約上、2、3時間で終わっても、8時間分の給料保証。でも、まず8時間で終わる事はなく、基本12時間が僕らのスタンダードな一日の労働時間。その為、金曜日が終わるのが土曜の早朝という事もよくあり、土曜は昼過ぎまで寝ている事も多い。そうなると・・・、夜眠れなくなるのだ・・・。そして、月曜の朝がしんどくなる!なので、最近は土曜の朝食をたまに外に食べに行って、無理矢理寝ないようにしている。

今の仕事を、一般的に言う仕事と言う感覚で捕えた事は一度もない、楽しいだけではなく、多少の苦しい事や悩みもあるが。ウチの母親が、「あんた、人生は水戸黄門の歌よ。人生、楽ありゃ苦もあるのよ。サボったら、後から来た人に追い越されるよ。泣きたくなかったら、努力しなさい。」とよく言われた。ちなみに、笑えるけどウチはそういう教育方針でした。(笑)


よく「大変でしょう、不規則で?」と聞かれる。大変は、大変だけど、人間何をやっても苦労はするものである。自分の好きな道を選ぶ事が出来て、好きな事をやって、好きな事でメシを食ってるのに、これで文句を言おうものなら、小生はバチ当たり者である。毎日が楽しくて仕方ない、そりゃ、細かい事言い出せば、切りがないのだ。東京で、僅かな期間ではあったけど、奴隷のような労働時間を経験しているので、小生にとっては天国だ。まして、やったらやっただけの報酬、評価がついてくる。人間の欲求とは、底なしだ。僕は常々自分に言い聞かせている事がある。「野心を持って、欲は抑えよ」だ。

日本にいた時も、アメリカに来てから好きな道を歩むようになってからも、本当に色々な人達に助けられてきた。"仕合わせ"な事だ。

最近、切に感じるのが、野心を貫くには周りの人間との関係を大切にしなければならない。欲を抑えれなくなると、悲しいかな、人は離れていく・・・。個人的に「野心」と「欲」は全くの別物だと考える。小生は、男は野心家でなければならないと思う。昔、あるコメディ漫画で父親が悩める息子に「息子よ、男子なら大海に、大海原に出よ」と言った。息子は家具デザイナーを目指しフランスへ旅立つ。コメディ漫画ではあったが、何とも男の、日本男児の浪漫を感じた。確か、「つるもく独身寮」と言う作品だったと思う。

2000年シドニーオリンピック、世紀の大誤審と言われた柔道100キロ超級決勝戦。敗れた篠原信一さんが言った、「自分が弱かったから負けた。誤審と言われるが、あの判定が下った時点で、挽回出来る時間は十分あった。本当に自分に実力があったら、勝てたはずだ。」そして、審判を批判する事は一切しなかった。個人的に、あの判定は、明らかにあってはならない誤審だったと思う。それ以上に、感じたのは、篠原さんのコメントに、本来の日本人の武士道精神を垣間みた気がした。ある人が「彼は金メダルは失ったかも知れないが、守るべきものは立派に守った。かつての日本人はこういう物事の考え方が出来ていた。」と。昨今、日本人はかつて日本人が代々受け継いできた「美徳」を失いつつあるように思う。事、柔道界に関して言えば、昨年末に起きた内柴事件を始め、あまり明るいニュースを聞かない・・・。今夏の、ロンドンオリンピックでは、篠原さん率いる日本柔道陣の奮起に大いに期待したい。


画像


人生楽ありゃ苦もあるさ
涙の後には虹も出る
歩いてゆくんだしっかりと
自分の道をふみしめて

人生勇気が必要だ
くじけりゃ誰かが先に行く
あとから来たのに追い越され
泣くのがいやならさあ歩け

人生一つの物なのさ
後には戻れぬものなのさ
明日の日の出をいつの日も
目指して行こう顔上げて

人生涙と笑顔あり
そんなに悪くはないもんだ
なんにもしないで生きるより
何かを求めて生きようよ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
あなたは覚えてないかもしれないけど、東京から帰ってきたおじいちゃんがテレビの前でジーッと見ていたのが「水戸黄門」でした。あなたはひおばあちゃんに育てられたようなものだから小さな時は時代劇がすきでしたね^^私はおじいちゃんが見ているのを見てお父さんに「あんなの見て面白いのかしら?」と行ったらお父さんが「仕事で神経を遣って疲れて帰ってきたらシリアスなものより単純明解なものを見てすっきりと頭を切り替えるんだよ。。」と言われた事があったなあ。。(なるほど。。。)と後で思えたけど、。。いま、あなたがしている仕事を知ったらきっと喜んでくれてるかも。。ね。。。2人のおじいちゃんが見守っているわね。。。
キャスリーンマリー
2012/05/06 14:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
"仕合わせ"、"水戸黄門"、色々思う事。 "La Lumiere et l'Ombre"/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる